人気ペット12種の平均寿命とその特徴をご紹介! | おすすめペットライフ -最新のペット情報をお届け

人気ペット12種の平均寿命とその特徴をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめペットライフです。
本日は様々なペットの平均寿命についてご紹介したいと思います。

おそらくこの記事を読んでいる方は、これからペットを飼う上で
少しでも長い時間、ともに時間を歩みたいと考えている方もいらっしゃると思います。
そんな方向けに記事の後半では、そんな方に向けたアドバイスも書きましたので、ぜひご参考に下さい。

それでは代表的なペットの平均寿命を見てまいりましょう。

  • 1.小型犬
  • 10年〜18年
    小型犬の平均寿命は10年〜18年程度のようです。小型犬は大型犬よりも
    平均寿命が長い傾向があると言われています。もちろん犬種や環境により違いはありますが、
    さらに小型犬で人気がある犬種の平均寿命を見てみましょう。

    ダックスフント:15.5歳
    平均寿命が長いとされている、小型犬の中でもTOPクラスに長い部類に入ります。
    犬種の特徴としては長い体に短い脚が特徴で、毛質は堅く短いのが特徴のスムースヘアード、
    また、毛質は柔らかく、光沢があって長いロングヘアード、全体に短い剛毛が、
    全身を覆い顎には髭があるワイヤーヘアードなどの3種類がいます。
    また、性格は元は猟犬なのでやんちゃで活発・遊び好きなイメージがあります。

    パピヨン:15歳
    こちらも平均寿命としてはかなり長い部類といってもいいでしょう。
    犬種の特徴として、パピヨンは小型犬でもっとも賢いといわれています。
    学習能力がとても高く、飼い主の言うことを忠実に聞いてくれるので
    初めて小型犬を飼う方にも向いているのではないでしょうか。

    チワワ:13.5歳
    小型犬の中では平均的な部類に入りますが、大型犬と比べるとこれでも十分長いといえるでしょう。
    特徴しては、世界的に公認された世界でもっとも小さい犬です。日本においても
    その体の小ささから、室内犬としても抜群の人気を誇ります。
    性格は献身的であり、誰にでもなつくわけでなく1人の人間になつく傾向があるそうです。

  • 2.大型犬
  • 10年〜15年
    小型犬よりも、大型犬の方が平均寿命が短いと言われています。
    その理由として大型犬は体の大きさの割に心臓が弱く、体内の
    酸素が少なくなり一種の酸欠不足になってしまい、これにより細胞の老化から
    平均寿命が短くなっているそうです。

    ゴールデンレトリバー:9歳
    ゴールデンは犬全体でみても平均寿命でみると短いといわれています。
    しかし犬種自体は賢さ、忠誠心を持ち、優しい性格と言われいます。
    また、社交性がとても高く飼い主以外にも、なつくことがあります。
    平均寿命としては少し短い部類に入るかもしれません。

    ラブラドールレトリーバー:12~13歳
    大型犬の中では比較的、長いといってもよいのではないでしょうか。
    ゴールデン同様にとても賢く、またとても人懐っこいことで有名です。
    また、その賢さからペットだけではなく盲導犬としても有名です。
    また、穏やかで優しい性格をしているので最初に飼う犬としても向いています。

    ジャーマンシェパード:10~12歳
    ゴールデンよりは長いですが均すと短い方に分類されそうです。
    犬種としては、高い忠誠心を持ちながらも、甘えん坊な面があります。
    特徴としては「冷静・従順・訓練の適応性」などから警察犬や軍用犬などでも
    活躍しています。

  • 3.猫
  • 10年〜13年
    猫の平均寿命は10年〜15年程度。品種によって変わってくので、興味がある方は調べてみてください。

  • 4.ハムスター
  • 2年〜3年
    ハムスターの平均寿命は2年〜3年と短命です。飼育のしやすさに目を惹かれがちですが、
    寿命につても少し考えてから飼育してみると良いでしょう。

  • 5.うさぎ
  • 5年〜8年
    うさぎの平均寿命は5年〜8年ほどです。決して長生きという訳ではないので、
    たくさん可愛がってあげてください。

  • 6.金魚
  • 8年〜15年
    一般的な金魚の寿命は8年〜5年ほどです。長年生きるとおそらく皆さんが思っているよりも大きくなるので
    水槽のサイズなどは大きめのものを用意するとよいでしょう。

  • 7.熱帯魚(小型)
  • 1年〜5年
    小型の熱帯魚の平均寿命は種類にもよりますが、1年〜5年程度です。
    同種を一緒に泳がせることによって繁殖するものもいるので、興味があれば調べてみてください。

  • 8.熱帯魚(大型)
  • 10年〜20年
    大型の熱帯魚の平均寿命は10年〜20年程度です。ただし、種類によっては1メートルを超える魚もいるので、
    飼いきれるかどうかをよく考えてから購入した方が良いでしょう。

  • 9.文鳥
  • 7年〜8年
    文鳥の平均寿命は7年〜8年程度です。

  • 10.セキセイインコ
  • 6年〜10年
    セキセイインコの平均寿命は6年〜10年ほどです。

  • 11.オウム
  • 40年〜50年
    オウムの平均寿命は40年〜50年ほどです。
    100年生きた!という報告もあるので、長い付き合いになりそうですね。

  • 12.グリーンイグアナ
  • 10年〜15年
    グリーンイグアナの平均寿命は10年〜15年程度です。

    一般的に平均寿命が短いペットから長いペットまで、ペットとして人気がある
    12種の代表的な例をいくつかあげさせていただきました。

    さて、冒頭でも少し書きましたがこれからペット飼いたい考えている方は
    一緒に時間を共にしていくなら少しでも一緒の時間を過ごしたいと思っているのではないでしょうか?

    その観点からいうと飼ったペットに対して平均寿命以上に
    長生きをしてもらうというのも、非常に大事なポイントになります。

    動物の社会においても近年、動物向け医療の安定化や獣医学の進歩、ペット用品などの
    品質改善などにより長寿高齢化の傾向になると言われております。

    ただ、少しでも一緒に自分のペットと人生を共にしたいと思うは
    飼い主さんとしては当然のことではないでしょうか?

    もちろん動物ですから個体差により平均的な寿命が大きく異なります。
    ですが、上記でも述べた通り動物医療の進歩やペット用品などの改善により
    確実にペットの寿命は伸びている傾向があります。

    そんな時代だからこそ犬の健康法として良く言われる「治療よりもその前に予防」は
    飼い主さんができる最も効果的な方法になりえるといえるのではないでしょうか?

    様々な病気を予防するためのワクチンに加え、乳腺腫瘍は悪性腫瘍…
    いわゆるガンに対しても早期発見によりに改善が見込める場合もあります。
    まずは定期的な健康診断から始め、こまめな体調に気を付ける平均寿命よりも
    さらに長生きし、人生のパートナーとして共に歩んでいきましょう。

    SNSでもご購読できます。

    ペット記事検索

    人気のある記事TOP10

    まだデータがありません。

    コメントを残す

    *